ファンブログ
ファンサイトに携わる様々な人が発信する「ファンブログ」
職業や国、ジャンルを超えた種々雑多なブログを発信しています。
是非ご覧ください。

第642号『時間は「ある」』

IMG_6465s【愛用のランシューズ】

昨年末から、週に1・2回走り込みをしてきた。
時間にすれば2時間前後、距離は20キロほど。

昨年、地元で開催のハーフマラソン大会に参加した。
ふくらはぎの肉離れで、トレーニングもままならない状態での参加、結果は予想どおり散々な
ものだった。
今回は、その轍を踏まないようにと、注意深く着々と準備していた。

ところが先週、仲間との合同練習会でまたしても肉離れに襲われた。
一人では、なかなか出来ないスピードアップのトレーニングをしていた時のことだ。
この日、調子がよくいつもより少しだけ負荷をかけて走った結果だった。

ふくらはぎの肉離れは、治るまで意外と時間がかかる。
完治まで、少なくとも1週間、下手をすれば1ヶ月以上におよぶ。

これで、しばらく走ることは出来なくなった。
はたして、2月のレースまでに完治するのか?

歳をとって良いことなど、それほどない。
体力も筋力も記憶力も、落ちる。
肉離れも、その例だ。

それでも、まんざら悪いことばかりではない。
不思議なことに、若い時には分からなかったことが分かるようになったり、見えていなかった
ことが見えてきたりする。
時間の捉え方も、そんな数少ない良いことのひとつかもしれない。

例えば、10時までの締め切りまで、あと2時間。
想像してみる。
そして、それをどう言うか。
「少しある」とも言えるし、「あまりない」とも言える。
事実としての「時間がある」と「時間がない」は同じ2時間である。
繰り返すが、同じ時間なのに「ある」とも、「ない」とも表現できる。
つまり、「ある」か「ない」かは自分の気持ち次第なのだ。

価値判断の絶え間ない積み重ねが、ボクの人生を作っていく。
だからこそ、日々の想いと行ないに拘泥する。

2月のレースまで、まだまだ時間は「ある」。
できるだけあるがままに、そして愚直にやれることと、やるべきことをやる。
たとえ結果が報われないとしても。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA