ファンブログ
ファンサイトに携わる様々な人が発信する「ファンブログ」
職業や国、ジャンルを超えた種々雑多なブログを発信しています。
是非ご覧ください。

第604号『観光』

【もはや海にはなくここにしかない伊是名地区珊瑚の垣根】
【もはや海にはなくここにしかない伊是名地区珊瑚の垣根】

先週、出張で沖縄へ行った。
目的地は伊是名島。
那覇から高速道で1時間、本部にある運天港からフェリーでさらに1時間。
今回の目的は、『伊是名村観光コーディネータ育成事業』のシンポジウムに
パネラーとして出席するためだ。

1500名の島民が住むこの村に、修学旅行生が年間1000名訪れる。
また、毎年10月に開催されるトライアスロン大会には、600人以上のアスリート
が参加する。
こうして訪れた旅行者を、民泊というカタチで島の各家庭が受け入れている。
加えて、この島は琉球王国の王、尚円生誕の地。
今年、その生誕600年。
こうした節目に、島ではさらにしっかりとした観光の仕組みを作ろうとしている。

昨年12月、島の食材で作るおもてなし料理をテーマに、ファンサイトが運営する
お料理コミュニティサイト「andparty」のマイスター、杉なまこ先生を起用しての
レシピ開発のお手伝いをした。
このご縁がきっかけで、今回このシンポジウムへの参加となった。

会場には、50名ほどの参加者が集まった。

パネラーは、前田政義村長・観光コーディネーターの比嘉陽子さん・旅行新聞社
取締役、有島誠氏・沖縄南城市でガンダーラの谷を運営する株式会社南都公園部
部長、高橋巧氏・そして、ファンサイト有限会社川村。
進行は今回の事業を企画し、押し進めている株式会社ルーツの平田直大氏が務めた。

参加したパネラーが、共通して話したことがある。

それは、無い物ねだりをするのではなく、ここにあるモノを探しだして、その良さを
伝えることに拘泥しよう。
一昔前、地域おこしといえば、〇〇映画祭とか、〇〇ジャズ祭とかが定番であった。
しかし、その多くは数年も経たずに尻窄みになってしまった。
所詮、借り物では続かない。

まずは、自分の村、できれば隣近所でしか手に入らないモノを探す。
ここにしかないモノを見つけ、それをきっちりと物語れるようにする。
観光とは、地域に根ざし、そこにしかない光るモノを観る旅のことなのだ。

シンポジウムが終わり、島の食材を使った新しい味の試食会は、参加者の笑顔が
溢れていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA