ファンブログ
ファンサイトに携わる様々な人が発信する「ファンブログ」
職業や国、ジャンルを超えた種々雑多なブログを発信しています。
是非ご覧ください。

第568号『六月の燗酒』

【縄のれんをくぐれば・・・】
【縄のれんをくぐれば・・・】

ファンサイトは3月決算。
その集計結果が5月末に出る。
それに併せ、会計士から消費税・法人税などの納税額が言い渡される。
だから、6月最初の月曜日が納税締切日となる。
月曜日、定例ミーティングが終わると、あたふたと銀行へと急ぐ。

ともあれ、おかげさまで12期を潜り抜け13期目に突入した。
何度か資金繰りに窮し死に体になりかけたこともある。
そんな時も創業当時から、会計士に会社の経理のアドバイスをお願いしたことが
幸いし、なんとか切り抜けてこれた。
そして、ここまでこれたもう一つの理由。
それは、顧問役を故宇田一夫が引き受けてくれたことだ。
亡くなってから、もう3年の月日が経つ。

宇田とは、前職で何度か共にプレゼンテーションを戦った。
その洞察の深さ、切り口の鋭さ、そしてマーケティングとは何かを追求する姿勢に
畏敬の念を抱いていた。

目の前の利益を追うことは当然であるが、会社としての理念を議論する相手として
宇田以上の人はない。
無理を承知で顧問役を懇願した。
思いもよらず、快く引き受けてくれた。
以来、マーケティングの師匠として多くの学びをいただいた。
そして、酒の飲み方も。

「カワムラくん、酒は六月の燗酒がいちばんだよ」
梅雨時、湿潤な空気が発酵を促し酒を旨くするのだと。
そう言って、神楽坂にある居酒屋に連れて行かれたことがある。

少し、蒸し暑さを感じる夕暮れ時、縄のれんをくぐる。
店内は薄暗く、ヒヤリとしている。
赤々とした炭火の炉を前にし、主が座り燗の頃合いを見計らっている。
そして、出された酒を、何も言わず、静かに宇田と酌み交わした。
こうして、これが此の時期の恒例となった。

さて、今年も見えぬ姿の師匠と燗酒を酌み交わすため、縄のれんをくぐる。

お知らせです。

『花も実もない! Marketing One Hit Shot』eBook発刊にあたって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA