ファンブログ
ファンサイトに携わる様々な人が発信する「ファンブログ」
職業や国、ジャンルを超えた種々雑多なブログを発信しています。
是非ご覧ください。

第551号『希望を持つ』

【トライアスロン仕様の愛車「流星2号」】
【トライアスロン仕様の愛車「流星2号」】

夢を見た。
小学校の運動場。
同級生たちと鬼ごっこをしている。
鬼につかまりそうになりながら、ボクはかろうじて逃げている。
そのシーンをゆっくりゆっくりと後ずさりしながら、もう一人のボクが眺めている。

いまは、時間を感じるのが難しい時代だ。
コンビニにはいつもと同じ商品が並んでいる。
電車は時刻通りに運行されている。
昨日と同じように出勤し、退社する。
みんな、平然と一年先の予定を話している。
予定調和のように、今日と同じ明日がやってくると、疑うことなく信じている。
でも、ボクたちは時間の中で生きている。
誰も、そこからは逃れることができない。
昨日出来なかったことが今日出来るようになり、今日出来たことが明日出来なくなる。
ボクたちは、明日のことを考えるのが嫌なのだ。
自分が歳をとるということを忘れたいのだ。
更に言えば、明日のことも明後日のこともどうでもいいのだ。

ここ3年連続で、地元開催のトライアスロン大会に参加している。
そして、完走した充実感はもちろんのこと、毎回、これで仕事も頑張れると自分を鼓舞
することができる大切な儀式でもある。

1月2日誕生日、62歳になった。
いつものように歳を一つ重ねただけなのに。
ふと、トライアスロンをいつまで続けることが出来るのだろうかと、不安になった。

「カワムラさん、トライアスロンが出来るのも、あと数年の猶予ですよ」と言われた
ような気がした。

歳をとるということは、ゆっくりゆっくりと後ずさりしながら、見渡すものが増えて
いくことである。
そして、その最中にあっても、明日のことをあれこれ思うことは幸せなことである。

だから、いまボクは、プロのコーチにトライアスロンの基礎から指導を仰いでいる。
まだまだ、分からないことや初めてのことが山のようにある。
次のレースまでにいろいろと試しながら、1秒でもタイムを縮めてみたい。

やはり、希望は持つことからしか生まれない。
そう思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA