ファンブログ
ファンサイトに携わる様々な人が発信する「ファンブログ」
職業や国、ジャンルを超えた種々雑多なブログを発信しています。
是非ご覧ください。

第298号『白い神の棲む青い森』

【木々の佇まい】
【木々の佇まい】

道が遠ければ遠いほど、悪ければ悪いほど、その目的の場所の魅力は輝きを増す。
いまから20年ほど前の夏、そんな体験をした。

西津軽郡岩崎村。
陸奥岩崎駅は青森県弘前市から秋田県能代市を結ぶ五能線にある。
各駅停車のジーゼル車に揺られ、やっとの思いで到着した。
無人駅の乗降客は我々のみだった。
右手は日本海、左には森へと続く未舗装の道が延びていた。

子供たちがまだ小学生のころ、釣にハマっていた。
どこで調べたのかキス釣りのパラダイス、それが西津軽郡岩崎村の岩崎海岸だと言う。
せがまれ、帰省のついでに足を伸ばすことにした。
聞けば旅館もない、キャンプ道具を担ぎ、駅からキャンプ地の森へと向かう。
適当な場所を定めテントを張る。
近くには驚くほど青く澄んだ池があった。
そこで水を汲み夕食の準備をした。
薪を探しに森に入る。
森は深く、分けっても分け入っても先が見えない。
何か気配を感じ、少し怖くなった。

車での移動ではなかったので、持てる食料も限られた。
火をおこし、飯を炊く。
お湯を沸かし、豚汁を作る。
あとは、佃煮とふりかけ。
食後にポケットサイズのバーボンを少し。
質素な食事を摂り終え、満天の星空を眺めながらテントで眠った。

翌朝、釣り竿を持ち海岸へと向かう。
日の出とともに釣り始める。
釣り始めたとたん、うわさ通りキスがかかる。
それも次々とである。
朝飯はそのキスをアルミホイルで包み、焼いた。
その香ばしい匂いが立ち上った。

キャンプを張った場所は何処かといえば、世界遺産、白神にある「青池」からほど近い場所だった。
いまでは、キャンプどころか立ち入ることさえ侭ならない。

数年前から急行電車が走り、道も舗装された。
世界遺産として観光地になったからだ。
しかし、その遠さ、その難しさがなくなって、思い立てば何時でも行けるとの思いが、かえって遠いものにしているのではないか。

20年前の夏、子供たちと過ごした白神の森も海も振り返ればもう、それは記憶の中でしか存在しない場所である。

お知らせ
私事で恐縮です。
倅、川村元気の企画・プロデュース作品、おバカ映画『デトロイト・メタル・シティ』只今、東宝系劇場にて上映中。
ご高覧いただければ幸甚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA