ファンブログ
ファンサイトに携わる様々な人が発信する「ファンブログ」
職業や国、ジャンルを超えた種々雑多なブログを発信しています。
是非ご覧ください。

第540号『魔法の言葉』

【なぜか、元気をもらえる赤飯のおにぎり】
【なぜか、元気をもらえる赤飯のおにぎり】

毎年、4つか5つ、ロードレースやトライアスロンに参加している。
9月末、今年最後のレースも終わり、10月はトレーニングもお休みモードで過ごした。

ところが、休んだとたん左肩が痛い。
病院にも行き、整体治療や鍼灸でも施術してもらったが、あまり効果がない。
その上、早々に風邪も引き体調もいまひとつパッとしない。
なんだか、芯が疲れている。
レースシーズンも終わり、身体が休みを要求しているのだろうか。
よく、お正月休みになると風邪を引く、あの時の症状に似ている。

そう言えば、これと似た体験があった。
40歳台の変わり目にも、50歳台への変わり時にも。
なんだかとても疲れて、身体のあちらこちらに痛みと怠さを感じた時期があった。
でも、まるで蛇が脱皮するように、その後スッキリと軽くなった記憶がある。

対処法はシンプルである。
決して無理をせず、痛みのある間はトレーニングを休むことだ。

でも、ただひとつ続けるていることがある。
それは、ストレッチング。

ほぼ30年間毎朝、欠かさずにストレッチをしている。
朝起きて、顔を洗い、水を飲み、それから15分ほど、手や足のパーツをゆっくりと呼
吸をしながら伸ばす。
痛みを感じる部分も、ゆっくりと諦めずに伸ばす。
そして、これから一日が始まるぞ、と体を目覚めさせるのだ。

人の動きは内の向くことが多い。
身体も心も。
それは、恐らく防衛本能のようなものが、知らず知らずのうちに働いているからかも
しれない。
肩や背中、腰、手足、首を伸ばし広げ、深呼吸をする。

そして、肩の力を抜いて魔法の言葉を自分に言い聞かせる。

「少しぐらい手を抜いても、結果は心配するほど変わらないよ。だって、あなたはいつで
も精一杯頑張っているのだから。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA