食とロック

2020年07月31日第35回 My Stay Home Music

皆さま、こんにちは。

Stay Home期間ももうそろそろ4ヶ月になろうとしています。僕が通う産能大は今回のコロナ禍でいち早く全面オンライン授業に切り替えました。全く初めての試みに僕も戸惑いだらけ。リアルの対面授業とオンライン授業では全くその概念が異なり授業設計自体がゼロスタートになりました。今までの授業ドキュメントをまずはVOID笑 そしてオンラインに則した形での受講生のインサイト仮説から始まりシナリオを描きはじめました。まるで制作プロダクションの様に映像コンテンツを作成し、ZOOM授業を軸としました。環境も整えなくてはなりません。毎日の様にPC周りのアクセサリーやソフトウエアを購入。還暦に手が届こうとしている身にはなかなかタフですが、常に日々その我が身と心を癒し続けてくれているのがやはり“音楽”です。

Stay Homeは孤独と内省の日々ではありますが、何気に楽しみもあります。僕の場合は“音楽”です。だって、一日中好きな音楽を自由にBGMとして流しっぱなしに出来るんですよ。これはたまりません。Stay Homeが始まった頃は、大好きなブルーズ、ゴスペル、セカンドライン辺りをよくかけていました。ですが、日が経つにつれ、どんどんかける音が静かになって来ました。音数の少ない音楽をかける割合が日増しに増えてきました。なぜでしょう?仕事時間に聴きやすいからでしょうか?それももちろんあると思います。だけどそれだけじゃ無い。何かこのコロナ禍で僕自身が浄化を求めているのかもしれません。内省化と浄化。それを促進してくれるStay Home Music。なかなか心地よい関係です。そして毎日の仕事終わり。これもまた違った意味の浄化。ややボリュームを上げてアップテンポのロックンロールでご褒美キッチンドリンクス。一気に緩めます。

そんな内省し浄化してくれるStay Home Musicの中から特に僕が日々お世話になっているアルバムを4枚ご紹介します。音楽は人それぞれ捉え方が違うので論評はしません。どれもグッドミュージックばかりです。

  • Amarcord Nino Rota(なぜかデボラハリーのジャケット・全編フェリーニの映画音楽)
  • Music for Airports BRIAN ENO(イーノのアンビエントシリーズ処女作)
  • Glenn Gould Plays BACH(グレン・グールド1955年のデビューレコーディング)
  • Sketches of Myahk 久保田真琴(真琴さんプロデユースの宮古島の古謡)

今はキッチンドリンクスの時間が迫っているので我が身を解放してくれるリトルフィートのライブアルバムを聴きつつブログを書いています。今丁度大好きな「ウイリン」です。

さあ、そろそろ今朝お家に届いたカミカツビールを飲みながら夕飯の支度に取り掛かります。皆さんのStay Home Musicもお聞きしたいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

執筆者

image100820.jpg

高原 純一

産業能率大学 経営学部 教授
食のぐるり株式会社 代表取締役
ファンサイト有限会社 取締役

1961年5月生まれ。岡山県出身。
中・高と陸上競技、ロック、ブルースに明け暮れ。大学(同志社大工学部)でパンク、レゲエに出会う。
広告の面白さに魅かれ広告会社(大広)に入社、同時にワールドミュージックに浸る。
マーケティングに心掴まれ転職(マッキャンエリクソン)。
神戸で某食品会社のマーケティングセンターを立ち上げ、同時に食の持つ奥深さ、面白さを実感。
そして、会社員を辞め独立。食を取り巻くぐるりの面白さにやられたそのままの気持ちで、食のぐるり株式会社という食卓ゴトをマーケティングする会社をつくる。
ファンサイト川村社長との劇的な出会いとおもしろい仕事そして夜を通した素敵なご縁故で、ファンサイト取締役としてファンサイト盛り上げ役のひとりとして活動中。
好きなことは「食とロック」。

最近の記事

バックナンバー

関連リンク

funsite
Fun-site Ltd. © All Rights Reserved.

ページトップへ