ファンブログ
ファンサイトに携わる様々な人が発信する「ファンブログ」
職業や国、ジャンルを超えた種々雑多なブログを発信しています。
是非ご覧ください。

第610号『ファンになるということ』

【一升瓶もワインクーラーに】
【一升瓶もワインクーラーに】

ほぼ毎日、晩酌をやる。
量にして2、3合。
従って、一升瓶が4、5日で空になる。
基本は日本酒。
銘柄は決められない。
なぜなら、酒屋の店主が選んで持って来くるから。
ボクは、それを飲む。

この方法を採用して、かれこれ3年目に突入する。
不満はない。
頃合いがいい。
いや、むしろ喜んで飲んでいる。

この酒店は最寄り駅の裏路地にある。
なんの特長もなく、暗く古びた店。
スーパーやコンビニに押されて大変なんだろうなと思いながら、入ることも
なく通り過ぎていた。
ある日、店舗にシートがかけられ工事が始まった。
遂に、この店も取り壊しか。
そんなふうに思っていた。

数ヶ月して、シートが外された。

なんと、真新しい酒屋が姿を現した。
好奇心にかられ、店内に入ってみた。
驚いたことに、これまであまり目にしたことのない銘柄の酒が、所狭しと
並んでいるではないか。
興味津々。
銘柄を見ながら物色していた。
しばらくして、店主が声を掛けてきた。

主人は、まだ30代と若い。
先代が亡くなり、これから、この街の小さな酒屋として、どんな生き残り方
をすればいいのか考えた、と。
そして、その結果、自分も大好きな日本酒に特化した店作りをしようと決め、
一念発起、改装したのだ。

しかし、問題があった。
有名な蔵元は、実績のある酒店との契約を優先し、後発の店にはなかなか品物
が入ってこない。
だから、地方の小さな蔵元を時間が許すかぎり回り、自分で確かめ、交渉し、
仕入れているのだと。

彼の話しを聞いて、すっかり気に入った。

お金の使い方には2種類ある。
ひとつは、自分の欲しいものを手に入れるために。
もう一つは、人を応援するために。

ボクはこの若き店主と、彼の語る酒の物語を応援することにした。

——————–
お知らせ
常日頃、ファンサイト通信のご高覧ありがとうございます。
GW期間中、5月1日(金)と8(金)はファンサイト通信もお休みをいただきます。
次回配信は、5月15日(金)からです。
引き続きよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA