ファンブログ
ファンサイトに携わる様々な人が発信する「ファンブログ」
職業や国、ジャンルを超えた種々雑多なブログを発信しています。
是非ご覧ください。

第537号『来年の手帳を準備する』

【愛用の手帳】
【愛用の手帳】

先日、銀座伊東屋で手帳を購入した。
ここ10年、ミドリカンパニー社の1週間を一覧できる手帳を愛用している。
この手帳、なかなか他の文具店で見つけにくく、伊東屋なら確実に取り扱っ
ているからだ。

A5変形縦長でスリムだが、記載するスペースも十分にあり気に入っている。
ただ、この手帳をそのまま使うわけではない。
これから年末まで時間をかけて、縦罫線や横罫線を書き加え、自分仕様に
チューンナップする。

例えば、映画や読書の記録。
ランニング、水泳、自転車の走行距離。
それらの、日々の記録と月ごとの推移。
過去3年間の月額売上げと、毎月の入出金予測。
こうした、細々とした記録はもちろんのこと、年間達成目標も記載する。
要するに、指標として見える化できるものは、ほぼ網羅する。

複数のノートを用途別に使う、デジタルデバイスとアプリによる管理等、
ことここに至るまで、様々な試みをしてきた。
しかし、どれも一長一短。
しっくりとこない状態が続いたが、ようやく数年前から、いまのスタイル
に落ち着いた。

ポイントは、すべての情報をこの手帳に一元管理すること。
こうすることで、ダブルブッキングミスや曖昧な洩れが格段に減った。
加えて、年間の目標達成のために、月の目標はどうるか、そのために日々
行うことは何か、といった具合に全体を俯瞰することが出来るようになった。

喩えれば、山を登坂するために峠を、峠を登るために、岡を上る。
一見、遥かな頂、困難な目標も分けてトライすればなんとかなる。
手帳を眺めながら、そんな気分になるのだ。

少し大袈裟だが、来年一年をどう生きるか。
登りきれなかったこれまでの反省を踏まえ、さて、来年はどんな山(目標)
を目指すのか。
そのために装備を整え、体力も鍛えておかなければならない。

手間ひまがかかり面倒なことではあるが、楽しみでもある。
なにしろ登山も旅も人生も、計画をたてている時が一番ワクワクできるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA