アイデアのヒント

2010年12月17日ウェブアプリ感

chrome web store

5月に発表があったGoogleのChrome Web Storeがオープンしました。Chromeというのは最近CMでも見かけるGoogle謹製のウェブブラウザで、Chrome Web Storeは、ウェブアプリやエクステンション(Chrome用の拡張機能)、テーマ(Chrome用の背景デザイン)を販売する場所です。平たく言うと、AppleのiTunes Storeのようなもので、違いはウェブアプリを中心に販売しているとことです<!–(紹介ビデオはこちら)–>。

ウェブアプリというのは、ご存じのようにブラウザの上で動くアプリケーションのことです。日頃閲覧しているウェブページと、ウェブアプリの違いはなんだろうかというと、何らかの機能を提供するものをウェブアプリケーションだと言えます。Gmailや、ショッピングサイトのAmazonなどもウェブアプリと言えるでしょう。今ではいろんなものがウェブアプリ化されていて、気が付けばPCでの作業のほとんどをブラウザ上でこなしているという状況も珍しくはないと思います。

しかし、ブラウザがあってのウェブアプリです。ここからが少しややこしいのですが、そんなウェブアプリを従来のアプリケーションのように販売できるようになったというのがChrome Web Storeなのです。

現状ではChromeブラウザを対象にしたウェブアプリだけが販売されているので、まずはChromeブラウザを使ってアクセスしてみましょう。無料で公開されているものがたくさんありますので、インストールして使い勝手を試してみてください。たとえば、Chrome Web Store開店1週間での人気アプリの1位となったTweetDeckには、デスクトップ版、iPhone版、Android版そしてChrome版の4つが用意されているので、現在のChrome版を評価するにはよいかもしれません。

アプリによってはウェブで提供しているものとほとんど同じ内容のものもありますが、いくつか使っているうちに、「アプリケーション」と呼ばれているものの過渡期にいるのだな、という感慨が湧いてきました。ウェブというプラットフォームの磁力に引き付けられて、アプリケーションがウェブアプリ化していくという傾向はこれからますます強まるのでしょう。たとえば、Androidの登場で携帯電話にこれまでなかった世界が開かれきましたが、特定の閉じた環境の下で開発されてきたアプリケーションが今後開かれていくとすれば、ウェブはその有力なプラットフォームになるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

執筆者

image100820.jpg

伊藤 篤

旅行業界紙、旅行書出版社やパソコン誌などでのライターや編集者を経て、1995年ごろよりWeb制作に関わる。文化放送系の新卒採用向けWebサービスや中古ゴルフクラブ販売のECサイト、ファンサイトでお馴染みの「極楽クラブ」などの企画制作に携わる。2002年から株式会社オライリー・ジャパンに参加。2004年より現職。"changing the world by sharing the knowledge of innovators"のミッションの下、オープンソース・テクノロジーを中心に、最新テクノロジーを書籍化している。趣味はウクレレと、Lightweightなプログラミング言語でちょっとしたツールを書くこと。

最近の記事

バックナンバー

関連リンク

funsite
Fun-site Ltd. © All Rights Reserved.

ページトップへ