The Value of Life

2017年12月15日第434回 来年にむけて


今年最後のブログになります。
この1年、拙いブログにお付き合き、誠にありがとうございました。
好き勝手なことを書かせてくれているファンサイトのカワムラさんにも改めて感謝します。
今日は年内最後ということで、今年の振り返りと、来年にむけて感じていることを記したいと思います。

まず今年は相模原に引っ越して1年間を過ごすという大きな変化がありました。
何度も書いたかと思いますが、まだ家が整わないうちにここの寒さに揉まれつつも、気がつけば春が来て、暑い夏を越え、実りの秋に感動し、そして二度目の冬を迎えています。

このあたりの気候区分は、東北と同じとのことですが、そんななかでも毎日透き通った空気と美しい山々に全く後悔はありません。それだけのものをこの自然は与えてくれています。
本当の寒さはこれからですが、寒さに負けずに乗り越えていこうと思います。

さて、仕事はどうか。
昨年8月に仕事の区切りがつき、その後9月には12年ぶりのヨーロッパ旅行、帰国してすぐに引っ越しと、バタバタ動いてきたにもかかわらず、多くの友人がタイミングよく仕事を振ってくれ、なんとか生存できたこと、これも感謝に堪えません。

そして秋からはじまった新しい流れ。
仕事の質が変わってきた、というか、まずはこれまでの提示いただける条件が確実によくなってきました。
仕事自体が増えているのは五輪の影響なのか?とも思いますが、それよりも私の価値を評価してオファーをいただけるようになってきた実感があります。

そしてそうした方々はみんなとても気持ちのいい方ばかり。
内容も私が書きたいと思うようなものが増えてきました。
これが一番嬉しいし、実感しているところ。

その一つが前回ご紹介したネット上の農学校 The CAMPusです。
ありがたいことに、その他にもいくつかお声がけをいただき、スタートしはじめました。

来年は、このご縁を大切にしつつ、貢献できるように精進したいと思います。
生活の軸足を据えて取り組む準備に1年かかってしまいましたが、今年最後のブログで、来年は今までになくモチベーションをもって年初から突っ走れそうです。
また近況はここでお伝えしていきますので、来年も引続きご指導とご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。

コメントは受け付けていません。

執筆者

image100820.jpg

柳澤 史樹

フリーライター/ 自分史アドバイザー。
歴史を楽しむ情報サイトや企業ファンサイトのマネージメント、ビジネスコンセプトやコピーの執筆、多数の著名人取材などの他、現在は一般社団法人 自分史活用推進協議会認定 自分史活用アドバイザーとして、個人の軌跡を残す「自分史」を活動の軸とする。
2016年暮れ、地元横浜から相模原市緑区へ引越し、農的暮らしと執筆生活の両立へシフトチェンジ中。

最近の記事

バックナンバー

関連リンク

funsite
Fun-site Ltd. © All Rights Reserved.

ページトップへ