ファンサイト通信

2019年07月04日第826号『言葉から始める』

【大谷翔平高校1年の目標マップ】

デザインや映像・ウェブを専攻する(学科やコー
スのある専門学校と大学)学生に教えている。

いわゆる、アート系に属する人たちである。
こうした志向の若者たちは、論理的に物ごとを組
み立てたり、言語化することが苦手と思われがち
である。
そもそも、言葉にすることが苦手だから絵を描い
ているのだ、という声もよく聞く。

ところが、実際はそうではない。
いや、むしろ真逆であることが多い。

描きたいことや、作りたいものを言葉にすること
が出来ない学生は結局、形にできない(ことが多
い)。

言葉に出来るということは、ある事柄や、想いの
中から、これだというものを引張り出し、光(照
明)を当て、その輪郭をはっきりさせることがで
きるのだ。
別な言い方をするならば、自分との距離をとるこ
とで、しっかりと眺めることができるわけである。
つまり、物ごとを客観視できなければ、(作りた
いものや企てたいものの)輪郭を描くことはでき
ない。

アートの領域だけでなく、アスリートでも同じこ
とが言えるのではないか。

例えば、大リーグの大谷翔平選手(今シーズン、
昨年に続き早くも二桁本塁打を達成)も言葉に対
する精度とその具現化に優れたアスリートだ。
彼の、高校時代からの目標設定のノート(大谷の
曼荼羅表とも呼ばれているが、この話は別な機会
に)には、実に細かく具体的な目標とそれに向か
う行動が記されている。

なぜ目の醒めるような本塁打が打てるのか?と聞
かれて、大谷選手は「打席に入り、ただ無心に来
た球をバッと捉えてガツンと打つだけだ」といっ
たミスターN氏のような象徴音での表現は、決し
てしないだろう。

足の力の入れ具合や、上半身の傾き具合、また腕
の動きなど無数に分析し、積み重ね、言葉として
理解する。
言葉がぼやけると、目標に向かう精度はもちろん
のこと、トレーニングで何をすればいいのかもぼ
やけてくることを知っているからだ。

深く考えて使われる言葉からは、精度が生まれる。
その精度が高くなれば、おのずと正確な課題が見
つけやすくなり、結果として正確な答えと目標を
設定しやすくなる。

もちろん、本当に大切なことは言葉にできないで
あろうことも重々承知している。

しかし、それでも言葉を使うしかない。
それは、なにかを成し遂げるためには、いまのと
ころ言葉から始めるしか手立てがないからだ。
言葉は身体と心を繋ぐものだから。

コメントは受け付けていません。

執筆者

image100820.jpg

川村 隆一

ファンサイト有限会社
代表取締役

1952年1月生まれ。
日本大学芸術学部卒業。
日活株式会社、日本工学院専門学校映像デザイン美術科(現)グラフィックデザイン科専任教師、株式会社Cカンパニー、株式会社ナガセ等を経て、ファンサイト有限会社を設立。
資生堂・イオングループ・キリンビール・マツダ等の企業コミュニケーション/広報活動のためのディレクションとプランニングを手がけてきた。

【書籍】「企業ファンサイト入門」日刊工業新聞社刊 2006年
【賞】経団連海外広報センター最優秀デザイン賞(横浜銀行アニュアルレポート)

最近の記事

バックナンバー

関連リンク

funsite
Fun-site Ltd. © All Rights Reserved.

ページトップへ