大輔の七転八倒

2015年04月16日第109回「実話の感動」

以前の仕事で、大学の学園祭でミニFMのラジオ局を作る仕事をしていました。

その大学に通う大学生と一緒になって番組の企画をして、ラジオDJの練習も先生に来ていただく。

今思えば、ラジオ局体験というより一緒に物事を作り上げて成果に結びついた時の学生達の笑顔が好きでやっていた気がします。

大抵、学生達は自分で企画したラジオという音のメディアを通じて来場している方と曲のリクエストやお便りやメールが来ることに浮かれ、興奮します。

ただ一つ、顔色が違ったのが、その大学を志望する高校生達をゲストに招いた番組の時でした。受験勉強をしている高校生からの質問に答える彼らは真剣そのもの。

具体的な対策や心構えなど、親身になって答えていました。

そして、是非自分たちの大学に来てほしいと高校生に伝えていました。

そんな伝える姿を見て、人知れず感動していました。

今回、明光義塾さまとのお仕事で、映像制作に関わらせていただきました。

塾講師という仕事のやりがいを伝えたいという課題に向き合わせていただき、実話を元にしたエピソードから紡ぎだされる感動映像。

完成した動画を見た時、大学生とのラジオ体験を思い出し涙しました。

これから塾講師になりたいという方に届いてほしいと思います。

▽ 明光義塾 スペシャルムービー「おしえるしごと、おそわるしごと」

http://jukukoushi.meikogijuku.jp/movie/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

執筆者

image100820.jpg

川村 大輔

ファンサイト有限会社
コミュニケーション
プロデューサー

1981年3月生まれ。
神奈川県出身。
幼少期は一時期インドネシアに住み、貧富の差を肌で感じる。
中高校時代は、ボーイスカウトで日本全国にキャンプに出掛ける。
大学は、理系の武蔵工業大学経営工学部に進学し慣れないプログラムに奮闘。
起業してネットベンチャーを経営したり、就職して不動産営業も経験し気がつけば30代。
趣味の野球は、プレイするのも観戦するのも大好き。
友人を集めてのバーベキューや飲み会もライフワークになりつつある。

ファンサイトの理念に共感し、お客様と企業をつなぐ架け橋になるべく奮闘中。

最近の記事

バックナンバー

関連リンク

funsite
Fun-site Ltd. © All Rights Reserved.

ページトップへ